24年度確定金額は10.6兆円

 社会保険診療報酬支払基金(河内山哲朗理事長)は6月24日の会見で、24年度診療報酬確定状況(24年4月〜25年3月診療分)と審査状況(24年5月〜25年4月審査分)を発表しました。診療報酬の確定金額は10.6兆円となりました。

 診療報酬総計の確定件数は9億3924万件(前年度比3.0%増)、日数は11億3758万日(0.1%増)、点数は1兆4681億21百万点(2.4%増)、確定金額は10兆6250億円(2.1%増)となりました。このうち医療保険は、確定件数8億256万件(1.4%増)、日数9億2069万日、点数1兆1008億57百万円(1.3%増)、確定金額8兆3846億円(1.7%増)でした。

 

 1件当たり点数は1563点(0.6%減)、1件当たり日数は1.21日(2.8%減)、1日当たり点数は1291点(2.3%)でした。

 医療保険は1件当たり点数1372点(0.2%減)、1件当たり日数は1.15日(2.6%減)、1日当たり点数は1196点(2.5%増)となりました。生活保護は確定件数4398万件(4.2%増)、確定金額1兆6640億円(2.0%増)です。

 

 審査状況では、請求件数は6億3918億件(2.3%増)で、査定件数は724.3万件(15.4%増)。査定件数のうち突合点検分77.9万件、縦覧点検分32.4万件でした。査定件数率は1.133%(12.9増)です。請求点数は1兆1870億9695万点(2.3%増)で、査定点数は30億7388万点(11.7%増)。査定点数のうち突合点検分2億5425万点、縦覧点検分9704万点でした。査定分の増加について「24年3月審査分から突合・縦覧点検を開始した影響」と分析しています。