群馬県高崎市の税理士事務所です。グループには、群馬マーケティングセンター・群馬M&Aセンター・相続手続支援センターがあります。

 
高橋税経グループ ひかり税理士法人 TEL:027-361-5568
お問合せ
事務所紹介 税金と経営ニュース 医療経営ニュース 税務関連トピックス メールマガジン登録 リンク
コンサルティングメニュー
税務・会計業務のご案内
創業をお考えの方へ
経営計画のご提案
相続・事業承継に関して
M&Aをお考えの方へ
幹部・社員研修のご案内
医療経営者の方へ
NPOの支援

高橋税経グループサイト
群馬マーケティングセンター
群馬M&Aセンター
相続手続支援センター群馬

Tax House


ひかり税理士法人
〒370-0006
群馬県高崎市問屋町4-7-8
Tel:027-361-5568
Fax:027-361-9591
 医療経営ニュース
 

  最終更新日 平成26年7月11日
選択療養の創設盛り込む方針
ワクチンギャップの解消へ
初めて4人に1人が高齢者に
医療費の支出目標設定を提案
2035年に41県で40%以上
7割の病院が採用増の意向
24年度に続く2歩目の改定
総合的な確保法案を閣議決定
23年度実施率は44.7%に
亜急性期部会を4月に新設
23年度の給付費は107兆円
社会保障プログラム法が成立
地域医療・介護支援病院を提唱
財務省がプラス改定に否定的
提供体制改革推進本部を設置
日医などが「特定除外」を調査
最高は血友病の8481万円
厚生省は30兆5620億円
未受信の理由「時間がない」
生活習慣病治療費は6割賛成
23年度費用8兆円を超える
24年度確定金額は10.6兆円
高齢者は総人口の4分の1に
医療扶助の適正化など法改正
「看護職辞めたい」が過半数
「総合診療医」を位置づける
特措法の施行を閣議決定
医師の合格率は89.8%に
社会保障・税の手続きで活用
医療分野の質向上へ具体策
医療の消費税問題は検討事項
家族などによる件数が減少
医療費適正化「確実に向上」
世帯数、人員とともに過去最多
組合数、被保・被扶養者が減少
4〜5月は例年通りの伸び率
社会保障などの議論を開始
男性医師は12.5%で低下
半数の病院が改定で収益増
23年度37.8兆円で過去最高
受給者数が500万人を突破
加入者の2割が年収50万以下
地域病院が育成に積極関与を
高齢者の就労意識など分析
レセ審査は現行方式が「妥当」
3ワクチンの定期化を提言
第2号被保険者の数は増加
24年度改定の疑義解釈示す
税政抜本改革法案を閣議決定
合格率90.2%で9割超える
離職率は常勤・新卒とも減少
50年後に生産年齢人口が半減
社保審が24年度改定を答申
HPは「広告」と見なさず
0.004%のネットプラス24年度診療報酬改定率で合意
21年度実施率は41.3%に
意識調査「医療費高い」が減少
支払団体が引き上げ反対を表明
医療等斡旋に年間460億円
医療の非課税措置など要望
ワクチン事業で予防接種室新設
6割以上が医療・介護で加入
皆保険50年で社会保障を検証
ジェネリックの取り組み進む
22年度保険給付7兆円超える
1割が3千万以上の貯蓄
地方に配慮し政府原案を修文
改革実現へ消費税10%を明記
改革の「安心3本柱」を提示
重点化・効率化の意見が多数
生活扶助基準の検証を開始
再就職で7割が短時間勤務望む
合格率は89.3%で横ばい
保険証なしでも受診可能に
サービス付き住宅登録制度を創設
受給額が50兆円を初めて突破
サービス向上計画を策定
全世帯対応型への転換を提言
20年度給付費は94.8兆円
検討会が選択肢を絞り込み
24時間訪問サービスの骨格示される
外部利用の審査基準策定へ
ロボット開発へ検討会が初会合
軒並み過去最高件数を記録
28.8兆円で4.5%の伸び
年間給与9.4万円引き下げ
認知症ケア等の人件費を調査
7.3%増え7.5兆円突破
21年度診療報酬3.5%増に
診療所の外来点数はマイナス
高齢者世帯は2割超で過去最多
総合福祉部会が初会合を開催
少子高齢社会の日本モデルを
介護を考える議員連盟を設立
「総合医」育成の必要性を強調
4分の1が料率で政管上回る
四病協が72時間規制で調査
支援事業の検討会が初会合
22年度予算案や事業を説明
診療報酬改定
厚労相「ネットでプラスに」
支払・診療側が改定で意見
NP導入に賛成は5割超える
行政刷新会議が事業査定開始
社会保障の番号制度など検討
支援機構「十分に機能せず」
地方の募集定員の割合増える
大学の保健師教育は選択制に
「慢性疼痛」対策の検討へ
大学医学部定員を369名増員
診療報酬の要件変更など提案
充実に向け総合的な検討へ
保険者が分娩機関に直接支払い
記載方法の標準化で検討会
219病院で準備整わない
第4期保険料額は4160円
受診率が4年ぶりにアップ
修士看護師に診断・治療
搬送の新システム開発を提案
75歳以上の5割が維持に賛成
レセ審査の見落とし率2割減
後発品への切り替えでアンケート
該当・予備群が2千万人超に!!
2年目は自由に診療科目を選択
制度見直しへ厚労省が検討会
病床数は177万で1万減
後発医薬品、積極的でない薬局34.7%
赤字病院が3割を超える
厚労省が望ましいあり方検討
人材確保には多面的対策を
制度見直しへ厚労省が検討会
社会医療法人に非課税要望
日医が認定医制度案を発表
外来管理加算の影響など調査
「5つの安心プラン」まとめる
「介護の日」検討会が発足
院外処方率6割近くに上昇
高年齢出産続き出生数は減少 (人口動態)
インドネシアから受入れ決定 (外国人看護師)
日病協が3次試案に原則賛成 (死因究明)
厚生労働省の研究会が初会合 (介護労働)
女性合格者の割合が過去最高 (医師国試)
勤務医の労働環境改善で通知 (医師確保)
降圧薬などで10%の引下げ (薬価改正)
地域差指数1.4倍の差に (医療費マップ)
集合契約の代表保険者決まる (特定健診)
男性は長野、女性は沖縄が最長 (平均寿命)
社会医療法人の医療保健業は非課税に,与党が20年度税制改正大綱を決定
訪問介護の利用者が初の減少 (介護保険)
レセ電算は医療機関の11%に (電算化)
原則禁止に法的根拠なしの判決 (混合診療)
社会保障財源確保に向け議論 (政府・与党協)
開業医の手取り1469万円 (日医)
報酬や保険料率で格差拡大 (被用者保険)
医療法人制度で新措置を要望 (税制改正)
20年度からの考え方でQ&A (健診)
厚生労働省が円滑な実施へ手引き (特定健診)
医療法人の移行税制で要望 (四病協)
政府・与党が緊急対策まとめる (医師確保)
男性2人に1人がメタボの疑い (健康)
高知県などがモデルプラン策定 (地域ケア整備)
7割が週48時間以上の勤務 (勤務医)
健康ITカード導入構想示す (医療のIT化)
老健施設への転換予定は1割 (療養病床)
福岡と北海道が100万円超に (老人医療費)
後期高齢者医療の提言で見解 (国保中央会)
日医が指導者研修会開く (保健指導)
レセプト電子データを341保険者に提供
がん患者の53%は「がん難民」 (医療政策機構)
医療や介護の給付費抑制求める (財政審建議)
特養のユニットケア1割超える (介護施設)
日専連に徴収委託を依頼 (保険料収納)
看護師不足の窮状訴える (民間病院)
DPC拡大で採用が増加 (後発医薬品)
地域包括支援センターの設置は9割 (介護保険)
在り方懇が意見とりまとめへ (社会保障)
キャリア開発の研修体系を提言 (介護)
新たな加入者サービスを開始 (社会保険庁)
日本の特異さめだつ (医療提供体制)
特定専門医の創設を提案 (日本医師会)
依然として大きい医師の地域偏在 (立入検査)
明治32年以来初めての自然減 (人口動態)
特養のユニットケアが5倍 (介護サービス)
厚生労働省補助金等5292億円を削減 (三位一体改革)
障害者自立支援法案を閣議決定 (18年4月から施行)
電子的手法でレセプトを提供 (支払基金)
高齢者虐待防止法が成立 (高齢者)
全面委託なら168円の黒字 (給食)
高齢単独世帯は2025年に14% (世帯数)
かかりつけ医中心に早期対応 (認知症)
高齢者世帯は全世帯の17% (国民生活調査)
治療計画の説明なしが15% (歯科)
90歳以上が100万人突破 (高齢社会白書)
医師以外の理事長認可基準を明確化 (社会保障審議会・医療分科会)
喫煙者は男46.8%、女11.3% (健康)
健保組合との個別契約・直接審査が可能に (保険薬局)
地域格差是正に向け報告書 (がん医療)
たん吸引を家族意外にも容認 (在宅療養)
乳がん検診受診率5割めざす (がん検診)
病床削減促す地方交付税措置 (自治体病院)
個人情報保護のガイドライン (健保組合)
17年度厚労省予算は20.8億円 (看護師)
フィリピンから受入れを大筋合意 (看護師)
医療費抑制・給付見直し建議 (財政審)
病院のあり方報告書を発表 (全日病)
21年ぶりの全面改正を通知 (病院会計準則)
マンモグラフィ実施市区町村は6割 (乳がん検診)
百歳以上長寿者は2万3千人 (高齢社会)
社会資本の整備に関する世論調査
保険者間の較差最大で8倍 (介護保険給付)
ネットワーク基盤で報告書 (医療情報)
実賃金額が軒並み低下 (介護労働)
出生率最高は沖縄県多良間村 (人口動態)
高齢者虐待ゼロ社会を提言 (介護)
合格率88.4%、女性3割占める(医師国家試験)
乳がん・子宮がん検診見直しで中間報告(保健)
薬事法の見直しに着手 (医薬品販売)
介護輸送の法的取扱いで意見募集 (介護)
病棟による実看護配置に格差 (看護必要度)
依然として少子化に歯止めかからず (人口動態)
術後在院日数の短縮が顕著 (患者調査)
診療報酬は最低4%引き下げと主張 (財務省)
人口10万人対医師数は196人に (医師数)
中央社会保険医療協議会の審議報告
医師の適合率は75%に改善 (立入検査)
電算化医療機関は78.5%に (IT化)
出資額限度法人の制度化に向けて検討スタート(厚生労働省検討会が初会合)
被用者本人3割負担で6割が受診抑制 (東北保険医団体連絡会)
13年度は11兆6560億円 (老人医療費)
特養退所者の三割は施設内で死亡 (終末期ケア)
選択して一人暮らしが増加 (高齢者)
少子高齢社会の税制で答申(政府税制調査会)
高齢者世帯が700万を突破
7割が「負担増避けたい」と回答
ALS患者を対象にヘルパーのたん吸引認める
7721人が合格、女性は33.8%占める(医師国家試験)
医療貸付の全利率を0.1%引き下げ(社会福祉・医療事業団)
13年度指導・監査の実施状況
少子化と高齢化が一層進む(人口推計)
開業医の高齢化浮き彫り(平成12年度医師等調査)
栄養・食事への関心、男性は年齢に比例(栄養調査)
初の財窮指定健保組合数は85(健康保険組合)
要介護者との同居世帯が増加(世帯調査)
医療制度改革試案の骨格
診療報酬体系に係る今後の検討事項(案)

個人情報保護方針